ヘナより安全性の高いsaiを使ってます!

植物性のカラーではヘナが有名ですが、このヘナでもいろいろな種類があり、中にはケミカルを使ったヘナもあります。

パラフェニレンジアミンを使っているものもあるのでヘナ=安全  とは言い切れないのが現状です。

 

ポコイではヘナよりも安全性の高い植物系カラーsai(サイ) を使用しています。

 

ここでsaiとヘナの違いについて説明していきます。

 

sai(サイ)とヘナの違いは以下の通りです。

 

        ヘナの特徴⇒sai の特徴

  1ヘナは特有の臭いがする

  ⇒ 匂いはハーブの香り

  2. 固まる,塗りにくい。

  ⇒ 2. 固まらない,塗りやすい。

  3.  ゴワゴワななりバサつきがでる

  ⇒ 3. ハリ・コシ・ボリューム感がでる。

  4.  放置時間が長く1時間以上

  ⇒ 4. 放置時間は30分。

  5. 自然な黒が出にくい

   ⇒ 5. ナチュラルな黒が出る

  6. 暗くしみやすい

     ⇒ 6. 暗くならないしツヤが出る。

  7. 色落ち、退色する。

     ⇒ 7. 色落ちも退色もあまりない。

   8. カラーチェンジしにくい

     ⇒ 8. カラーチェンジができる

   9. パーマがかかりにくい

   ⇒ 9. パーマができる。

   10. 色の種類が少ない

   ⇒ 10. 10色の調合で色が楽しめる

   11. 色がバラつきやすい

        ⇒ 11. 色は安定している。

   12. ケミカルのヘナがありかぶれることもある

    ⇒ 12. ケミカルヘナよりかぶれにくい。

   13. 原価が安い。

   ⇒ 13. ヘナよりコストが少しかかる。

  14. 染料が多い場合があり認可が下りてないものも

    ⇒ 14. 染料は法定基準内でリスクは少ない。

 

↑ ホームぺージの文章を自分の考えと置き変えてあります。

 

原文

http://www.eco-revo.com/#!not-henna/c1f8d

 

saiは髪が明るくならないので白髪にしか染まりませんので注意してください

 

ヘナでもケミカルを使ってたり認可が下りていないものもあるので、ヘナによるかぶれもでてきています。

 

かぶれる原因についてはジアミンによるアレルギーまたは自然食品によるアレルギーもあるので100%アレルギーが起こらないと物は存在しません。

なのでこれで大丈夫とは言い切れないと思います。

 

いくら安全なsaiでも安全とはいいきれません。

やはりアレルギー反応を起こしたくない人はパッチテストは必ずしてくださいね!

 

 

パッチテストの仕方は個人のブログでまとめてあります↓

 

カラー剤でかぶれないための注意点や防ぐ方法

 

 

自分に合った安全なヘアカラーをしていきましょう!

 

ポコイ 澤辺大志

2017-03-23 | Posted in お店&空間No Comments » 

関連記事