いたみにくいパーマ低温デジタルパーマ☆

お店をオープンさせるにあたりお客様の髪をなるべく痛ませないで、朝のスタイリングが簡単になるパーマスタイルは何かないかなーと色々探していました。

そしてついにみつけました

「低温デジタルパーマ」

IMG_7679普通のデジタルパーマだと三回目に髪がボロボロになる人がいると思います。

デジパー=痛む

そう感じる人も多いと思います。

髪は高温の熱を与えると痛みます。

なので低温でパーマをかける方法をとると髪のダメージは最小限でおさえられます。

 

 

そして髪を乾かすだけでセットするには髪質を考えてパーマの強さを変えなければいけません。

濡れている時にパーマが出るのけど乾くとパーマがなくなってしまう人や、パーマがかかりにくい人、パーマがすぐとれてしまうなど

悩みは千差万別です。

 

僕はこのような悩みを考えながらパーマをかけていき、乾かしてすぐにセットできるようなパーマを目指しています。

 

パーマをかけるときは三種類の薬を使い分けたり、ブレンドしたりと髪質によって最小のダメージでかかるように薬をわけています。

髪のダメージが気になる人にも優しいパーマ液を使いながらかけていますよ☆

お客様からもダメージがあまりなかったと好評ですのでおすすめです!

 

 

ポコイ 澤辺大志

 

2016-04-06 | Posted in パーマについてNo Comments » 

関連記事